絵本の読み聞かせ

b0352427_10584413.jpg今年からはじめたおはなし語りですが、
9月、10月は、自分が絵を担当した絵本『月宮殿のおつかい』を読みました。

小学校でおはなししているのですが、
もともとは、絵本の仕事とは別に、
昔話をそらで語りたくて始めたので、
読み聞かせをする予定はありませんでした。

けれども、長年読み聞かせをしている方から、
「こういう仕事(絵本画家)もあるんだ、と子どもたちが知ることができる」
というアドバイスをいただき、
なるほど、自分の本を読むことには、
そういう側面もあるのか、と思ったのです。

おはなしそのものだけでなく、
子どもたちが受け取ることは色々なんだな、
と目からウロコの一言でした。

もちろん、自分の絵本を子どもたちが知ってくれること自体、
とても嬉しいのは言うまでもありません。
これまで読まずにいたのは、
単に私が絵とは別なこと(素話)もやりたかったからです。

やってみて思ったのは、
絵本の持ち方は意外に気を使うこと。

みんなに見えるように、
しかも自分も読めるような位置に固定しなければいけない。
けっこう腕も疲れます(笑)。
顔が絵本の方を向きすぎると、声が前に届かないかな?
とか、毎回、色々気になります。

読み聞かせは、暗記しなくても大丈夫なのでその点はらくですが、
これはこれで、何かとコツがありそうです。

『月宮殿のおつかい』は十五夜のおはなしなので、
この季節にいいかと思いました。
季節感も大事です。
日本や中国などに伝わる「月宮殿」の言い伝えについて少しだけ説明してから読みました。

読み終わった後、
子どもたちが「うさぎって(昔話などでは)賢いんだよ」なんて
お友達と話しているのを聞いたりすると、
よしよし、それぞれに何かしら受け取ってくれたかな、と嬉しくなります。


[PR]
by yoinezumi | 2016-10-28 11:16 | おはなし