今月は、谷中のエスノース・ギャラリーでの素話イベントで、b0352427_18492644.jpg「人虎報仇」という、
『聊斎志異』(蒲松齢・作)という物語集からの一編を話しました。
(他はこれまでに語ったことのある、
「ねずみの国」「マーシャとくま」「ちえ者のグレーテル」)

これは作者のある小説で、昔話ではないのですが、
蒲松齢が中国の様々な伝承を取材していたらしく、
昔話のテイストが強く感じられ、
語って面白そうだと思ったので選びました。

といっても、元の文章は日本語訳も漢文調で、
熟語が多くきりっと締まったかっこいい文体です。

これは、文字を読むにはとても魅力的なのですが、
耳だけで聴いても筋がわかりにくいだろうということで、
まことに勝手ながら、
おはなし調に全文直しました。
(もとになった本は会場でお客様にご紹介しました。)

タイトルも「虎になった弟」としました。

物語は、
仲のよい兄弟の兄が、
あることで若旦那の怒りを買い、
殺されてしまう。
その仇討ちをしようとした弟が
道教の坊さんの術によって虎の体にされてしまい、
仇は取って人間の姿に戻ったものの、
その後は寝たきりになってしまうというお話です。

話し終えた後、
お客様が「弟は鬼になってしまったということですよね。」と言われました。
なるほど、私はそのまま文字通り受け取っていましたが、
弟の心を虎という形で表現したと考えるとまた面白いです。

昔話、伝承話(今回はそれをもとにした(?)小説ですが)は、
聞いた人によって様々な受け取り方ができる気がします。
そこが、とても開かれた感じがする。
今回は大人の方が多かったので、
終わった後に色々ご感想など聞くことが出来て、
貴重な体験でした。

また、どうやってお話を選ぶのか、という質問もありました。
「すごく好きな箇所があること、言いたくなる言葉があること」と答えましたが、
この「人虎報仇」の場合は、
緊張感のある展開と、
神仙の術が出て来ることでしょうか。

魔法の話は好きです。
不思議な話には魅力を感じます。

そういえば子どもの頃、
「自分は魔法使いだ」って友だちに言ってたな…。
半分は願望、半分は信じてるんですよね。
幼稚園児だったので友だちも半信半疑です。
(←友だちのお姉さんには嘘だと言われましたが、
そりゃもう、いたしかたない。)

おままごとのハタキの柄を、
魔法の杖にして遊んでいました。

子どもはからだ半分ファンタジーの世界で生きてる気がします。
…私だけじゃないですよね…?

底本は、『新編バベルの図書館6』(ホルヘ・ルイス・ボルヘス編纂、国書刊行会)です。


[PR]
by yoinezumi | 2017-04-25 19:20 | おはなし

マーシャとくま

小学校での今年度最後のおはなしは、b0352427_17192034.jpgロシア民話「マーシャとくま」にしました。
ひなまつりの日でしたので、
女の子が主人公の話を選んでみました。

おじいさんとおばあさんに育てられているマーシャという女の子が、
森で友だちとはぐれてしまい、
熊の小屋に入り込んで捕まってしまって、
やむをえず一緒に暮らすことになります。
熊に、もう逃がさんぞ、ここで暮らしてもらおう、
黙って外へ行ったら食べてやる、と脅されるのです。

これ…大人が読むと結構な大事件にも受け取れませんか…。
が、物語は淡々と、できごとを語るのみ。

昔話で私が好きな点のひとつは、これです。
できごとをシンプルに語り、
叙情や感傷、飾り立てなどは、ほぼ無しです。

何が起こったかに徹していて、
乾いた、というほどではないにしろ、
ベタつきのないさらっとした語り口。
そして「次どうなるの?」というドライブ感。
なんか、かっこいい…って思っちゃいます。

だけど、読んだ人聞いた人が自分の経験などに照らし合わせて、
自由に登場人物の思いや、できごとの背景などを想像して、
自分だけの世界を作り上げることもできる。
しかも特に正解はない。
何しろ、昔話は詠み人知らず、作り手知らずですからね。

扉の鍵だけを渡してくれて、
あとは自分で感じ取ればよい、
もしくは、
「わからなくてもいいから、持っておきなさい、
あとで役に立つ時がくるかもしれないよ」
というのが昔話なのかもしれない、なんて思います。

マーシャは、考えて考えて、
熊をある意味手玉にとって、家へ帰る作戦を思いつきます。
これまた、深読みするとすごい気がします。

とはいえ、お話の印象はかわいくてわかりやすく、
熊も最初は怖い気もするけど、
中盤からは愛嬌があります。

私がこの話を選んだ一番の理由はラスト。
おじいさんとおばあさんが最後に言うひとことです。
これこそが、自分の知恵で困難を乗り越えたマーシャに同化した
読み手、聞き手へのご褒美のように思えるんです。

底本は、「ロシアの昔話」(内田莉莎子編・訳、福音館文庫)です。
[PR]
by yoinezumi | 2017-03-22 17:29 | おはなし

節分の火/ねずみの国

b0352427_19334861.jpg今月は節分にちなんだ短い話と、もうひとつ日本の昔話をしました。

ちょうど節分の日だったので、せっかくの機会だと思い、
節分について辞書で調べて、
おはなしの前にその意味を少し説明しました…が、
これはちょっと失敗。

おはなしを聞こうと待っていた子どもたちが、
すぐにざわざわがたがたして気が散りました。
席を立つ子もいました。

そして、おはなしを始めると、しん、として耳を傾けてくれたのでした。

たしかにウンチクって、
押し付けがましいところがあるしな…
と反省。
でも『月宮殿のおつかい』の時に「月宮殿」の説明をした時には
ちゃんと聞いてくれていたから、単に
「節分の意味くらい知ってるよ!」だったのかもしれません。

いずれにしても、
"「教養」っぽいことをただ教えられても、面白くない"、
というのは気に留めておこう。

さて、
「節分の火」は、

ある家の女中が、
節分の夜だけは囲炉裏の火を消さないように、
と主人に言われるのですが、
夜中につい眠ってしまった間に、火が消えてしまいます。
誰かに火を分けてもらおうと外に出ると、
棺桶を背負った人に出会います。
その人は、棺桶を預かってくれたら火を分けてやる、と言うのです。

「棺桶」という言葉が出て来ると、
子どもたちの雰囲気が引き締まりました。

私自身も読んだ時そうでしたが、
ただならぬものが出て来ると、
どうなるのか、先を知りたくなりますよね。

わけあって「棺桶」を預かった女中が、
最後にはお金持ちになってめでたし、というおはなしです。


「ねずみの国」は、

ねずみにそばもちを食べさせたじいさまが、
お礼にねずみのうちへ呼ばれてごちそうや歌でもてなされ、
おみやげをたくさんもらって帰ります。

それをまねした欲ばりなじいさまが同じことをやって、
たいへんな目に会う(最後はもぐらになってしまう!!)おはなしです。

この話を練習しながら気づいたのは、
欲ばりなじいさまのエピソードの方がいきいきしていること。

最初のじいさまのところはあっさりと終わって、
欲ばりなじいさまのくだりの方がずっと面白いんです。

ねずみの国に行くまではいいのですが、
欲ばりなじいさまは
「ごちそうや歌よりも、おみやげをもらって早く帰りたかった」。

日々の生活の中で、
そういうわけにはいかないんだけど、
本音を言うと…っていうような、
ちょっとした解放感が、
ここには感じられるんです。

昔話で欲ばりなじいさま(又は、ばあさま等々)のすることには、
誰でも心のうちに持っているだめな部分とか、
思っていても表に出してはまずいようなことが
託されているのかも?
それをやっちゃあおしまいよ、というようなことが。

このおはなしには歌の部分があって、
ただ棒読みしてもつまらないので、
適当に作曲して歌いました。

もともと素人がそれぞれに語り継いできたものだから、
好き勝手に歌っていいだろう、と。
昔話の研究者から聞いたことですが、
「正統な昔話」というのはないそうです。
だから、いいんです!

というわけで、
歌いながら、昔話の懐の深さというか、
語り手にもよりそってくれるような安心感を感じています。

底本は前にも紹介した、
「ちゃあちゃんのむかしばなし」(中脇初枝再話・福音館書店)です。

[PR]
by yoinezumi | 2017-02-28 18:30 | おはなし | Comments(0)

ちえ者のグレーテル

b0352427_18311309.jpg1月のおはなしは、グリム童話「ちえ者のグレーテル」にしました。

食いしん坊の料理人グレーテルは、
主人とお客さまのためにこしらえた鶏の丸焼きを、
自分でふたつとも食べてしまう。

それには、当人としてはもっともな理由があるのですが、
(へ)理屈を言いながらだんだん焼き肉を食べ尽くして行くところが、
とてもおかしくて面白い。

食いしん坊ならではの、
料理を大事に思うからこそなんだけど、
自分の都合のいいように解釈するんです。

ところが、来ないと思っていたお客さまが
なんと来てしまった!

その時のグレーテルの対応が、
あまりにもすばやくちゃっかりと機転を利かせています。
プチ悪です。

私が好きなのは雇用主であるだんなさんの反応で、
グレーテルとだんなさんの会話がとてもいい。
翻訳も滑稽であたたかい魅力があります。

なんだかこのだんなさん、ちょっとお人好しというか、
全然グレーテルを疑ったり叱ったりしなさそうなんです。
グレーテルにとってはきっと、いい職場!

最後はとても素晴らしいオチがつきます。
昔のサイレント喜劇映画のような映像が目に浮かびます。

子どもたちは、こないだと同様(といっても違うクラスの6年生)、
笑いが起こるまでにはなりませんでしたが、
目がにこにこしている子どもがいたので、
まあよしとしよう!というところです。

それに以前、姪に話した時にはクライマックス(?)のところで
吹き出してくれましたしね。

底本は『完訳 グリム童話集2』(金田鬼一訳、岩波文庫)です。




[PR]
by yoinezumi | 2017-02-10 18:33 | おはなし

日本一のへひりにん

b0352427_13455256.jpgいつものことながらひと月遅れですが、
先月語ったおはなしは高知県幡多地方の昔話『日本一のへひりにん』です。

高知県と書きましたが、日本各地に似たものが伝わっていて、
朝鮮、中国にも類話があるそうです。

室町時代にはすでに成立していたという古いお話で、
私も昨年京都に行った時に偶然、
京都国立博物館でこの話の絵巻が展示されているのを見ました。

題名からして可笑しいのですが、下ネタの笑い話です。
(声に出してこの題を言うと、ちょっと楽しい気分になります。)

じいさまが、勝手に木を伐採してはいけないのにたきぎとりに行き、
番人に見つかり咎められたところを、
自分は日本一のへひりにんだ!と言って屁の妙技を見せて許してもらい、
それを欲張りなじいさまが真似をして失敗するというお話です。

あらすじはとてもシンプルですが、
言葉遣いがとても面白く、つい口に出して言いたくなります。

これまでいくつかの素話をしてきましたが、昔話は言葉の使い方が絶妙で、
ちょっとした短いくだりがさし挟まれているおかげで物語に共感できたり、
登場人物の人となりがわかったり、説得力が増している気がします。
筋を追うだけではない、物語る言葉としての作用が強いと感じます。

6年生のクラスは私の淡い期待をよそに笑い声はおきませんでしたが
(6年生にもなると反応がクールになるそうですけれど)、
欲張りなじいさまが粗相をした「びちびち」に「ゲ○だ、○リ!」と言ったり、
最後、売り物に「びちびち」をかけられた砂糖売りのばあさまが
「欲張りなじいさまの尻をそいでしまいましたと。」
と終えると「ひでえ!」という声が聞こえたりと、それなりに受け止めてはくれたようです。

年頃にもよるでしょうが、「笑い」を起こすのは難しいなあ、と改めて感じました。

底本は『ちゃあちゃんのむかしばなし』(中脇初枝・再話、福音館書店)です。


b0352427_13504722.jpg今回は冬ということで、
自分が絵を担当した『ゆきドラゴン』(加藤志異・作、学研おはなしプーカ2016年2月号)も読み聞かせました。
絵の世界も、これはこれで言外の様々な感覚を込めることができるし、読み取れると思います。

ただ図示するのではなく、画面の向こうに本当にその世界があるように、
手触りや匂いまでも描いていきたいと思っています。
[PR]
by yoinezumi | 2017-01-15 14:06 | おはなし

狩人ハイリーブ

今月のおはなしは中国の昔話「狩人ハイリーブ」を選びました。
b0352427_11533621.jpg蒙古族に伝わるおはなしです。

村人たちを助けるために自らの命をひきかえにした若者の伝説で、
余韻の残るお話です。

悲しい話はあまり性分にあわないのですが、
この話には色々な要素が含まれ、魅力があるのです。

若者の悩む姿だけでなく、
動物たちとの不思議な体験、
目もくらむような金銀や宝石、
そして壮大な自然の猛威と、
短い中にも展開が次々変わり、盛りだくさんです。

話が進むとともに心の中にイメージが次々と作り出されて、
飽きずに聞いてくれそうだと思いました。
実際、とても静かに最後まで聞いてくれました。

この話をどう捕らえるかは、
人によって、また、年代によっても変わりそうで、
それもまた面白いところだと思います。

ところで、話しながら何故だかいつも涙が出そうになる場面があります。

村人たちに話を信じてもらえず泣いているハイリーブに年よりたちが近寄って、
「おまえはこれまで嘘をついたことがない。それはみんなが知っている。」
と慰め、よくよく話を聞こうとするのですね。

我ながら不思議なのですが、
毎回ここで、こみ上げてくるものを感じます。

底本は『けものたちのないしょ話〜中国民話選』(君島久子訳、岩波少年文庫)です。


[PR]
by yoinezumi | 2016-11-18 12:01 | おはなし

絵本の読み聞かせ

b0352427_10584413.jpg今年からはじめたおはなし語りですが、
9月、10月は、自分が絵を担当した絵本『月宮殿のおつかい』を読みました。

小学校でおはなししているのですが、
もともとは、絵本の仕事とは別に、
昔話をそらで語りたくて始めたので、
読み聞かせをする予定はありませんでした。

けれども、長年読み聞かせをしている方から、
「こういう仕事(絵本画家)もあるんだ、と子どもたちが知ることができる」
というアドバイスをいただき、
なるほど、自分の本を読むことには、
そういう側面もあるのか、と思ったのです。

おはなしそのものだけでなく、
子どもたちが受け取ることは色々なんだな、
と目からウロコの一言でした。

もちろん、自分の絵本を子どもたちが知ってくれること自体、
とても嬉しいのは言うまでもありません。
これまで読まずにいたのは、
単に私が絵とは別なこと(素話)もやりたかったからです。

やってみて思ったのは、
絵本の持ち方は意外に気を使うこと。

みんなに見えるように、
しかも自分も読めるような位置に固定しなければいけない。
けっこう腕も疲れます(笑)。
顔が絵本の方を向きすぎると、声が前に届かないかな?
とか、毎回、色々気になります。

読み聞かせは、暗記しなくても大丈夫なのでその点はらくですが、
これはこれで、何かとコツがありそうです。

『月宮殿のおつかい』は十五夜のおはなしなので、
この季節にいいかと思いました。
季節感も大事です。
日本や中国などに伝わる「月宮殿」の言い伝えについて少しだけ説明してから読みました。

読み終わった後、
子どもたちが「うさぎって(昔話などでは)賢いんだよ」なんて
お友達と話しているのを聞いたりすると、
よしよし、それぞれに何かしら受け取ってくれたかな、と嬉しくなります。


[PR]
by yoinezumi | 2016-10-28 11:16 | おはなし

先月子どもたちに語ったお話です。
これもグリム童話から選びました。

このおはなしの好きな点のひとつは、
神さまが「小さい悪さ」には目をつぶってくれることです。
いちいち罰してたら切りがない、というわけです。

主人公のしたてやさんは、
自分は聖人君子でも何でもない、むしろ、せせこましい小人物なのですが、
他人の小さな悪事には目くじらをたて、罰しようとします。

それを神さまからひどく叱られてしまうのですが、
もうひとつ面白いのは、それでもなお、
あまり懲りてない風な終わり方です。

おはなし全体に、何か「寛容」というか、
「しょうがねえなあ」という、
落語でいうところの「人間の業の肯定」(立川談志)が感じられるのです。

グリム童話には、落語みたいだな、というおはなしが時々あります。
古典落語の『死神』も、もともとはグリム童話の『死神の名付け親』から来ているようです。
どちらも語りによって人間を表現するということで、
何か通じるものがあるのかもしれません。

ところで子どもたちは、
したてやさんが悪さをして知らんぷりしているところへ
神さまが戻って来たくだりで、しんと静まり、話に集中してくれたようでした。

「ばれちゃうぞ、叱られるかもしれない、どうなるんだろう!?」
という心持ちでしょうか。

私自身もそのような気持ちは身に覚えがありますし、
たしかに緊張の一瞬かもしれません。

まったくの初心者で拙い私でも
子どもたちのそうした空気が何となく感じられるのが、
昔話の底力なのだろうと思うと、つくづくその魅力に惹かれます。

「もっともっと、たくさんおはなしを覚えたい!」という欲が膨みます。
[PR]
by yoinezumi | 2016-08-16 18:24 | おはなし

先月になりますが、2回目のおはなしは、やはりグリム童話から、

「くもりのないおてんとうさまは かくれてるものを明るみへだす」

を選びました。


前回よりもずいぶん長い(7~8分)ので、

覚えるのに少し手間取りましたが、

私が底本にしているのが岩波文庫の金田鬼一さん訳で、

これが口にしてみると随分語りやすく、そして覚えやすいのです。


他の翻訳と比べたわけではないのですが、

何だか口にしたくなる言葉が使われています。

「素寒貧(すかんぴん)」とか、

「世帯(しょたい)をきりまわす」とか、

「修行の旅がらす」とか…

これらが所々で鍵になって、覚えるのを助けてくれるんです。


それに、母音の順序というのでしょうか。

口の開け方が、ちゃんと次の音へつなげて

動かしやすいようにできている気がします。


このおはなしは、罪を犯してしまった仕立て屋さんが、長い時を経て、

ついに罪が明るみに出て報いを受ける話です。


若干お説教くさい面もありますが、

おてんとうさまの不思議な力が、どのようにそれを明るみへ出すかが面白い点です。

実は、おてんとうさまではなく、人間の業というか本質的な心理が、

そうさせているのかもしれません。


最初から緊張感のあるおはなしで、

どうなってしまうのか、最後まで気がかりが続くサスペンス的な物語です。


[PR]
by yoinezumi | 2016-07-07 17:01 | おはなし

おはなしのボランティアを某所で始めました。
絵本画家ですし絵本が大好きではありますが、絵本の読み聞かせではなく、
昔話を覚えて語る(素話、というそうです)のを常々やってみたかったのです。

先日初めて子どもたちに話したのは、グリムの「おいしいおかゆ」です。
私の大好きなおはなしで、とてもユーモアがあり、
また、短いながらも心をつかまれる要素がいくつもあるお話です。

素話の威力(?)については、自分も幼少時に経験していますし、
その後も本で読んだり、見聞きはしていたのですが、
実際やってみると、やっぱりとても面白いです。

後半、おかゆがどんどん増えて町中にあふれるくだりで、
子どもたちがお話の世界に入った感じがしました。

そのあと、別の昔話を(まだ話を暗記してないので)本を読み聞かせたのですが、
本を読むのと素話では、語るスピードや「間」が変わって来るのを感じました。

「覚えて話す」方が、聞く側のリズムと合うのかもしれない、と、ちょっと思っています。

お話を絵で語りたい、と思って絵本を作っていますが、
素話の魅力もとても惹かれるものがあります。

[PR]
by yoinezumi | 2016-05-23 17:57 | おはなし