b0352427_11431001.jpg若い頃、やりたいことがうまく出来ていなくて、焦りと諦めと、そこはかとないうら寂しさを感じていた。
そんなとき出会ったのが井上洋介の『電車画府』という画集。
真っ暗闇のなかから、げらげらと笑い声が聞こえるような、
底知れぬエネルギーが沸き上がるような絵だった。

どうしようもない現状を笑って歌って踊ってしまえ!という感じは、
私の好きな"black music"(今こういう言い方はしないかもしれませんね)にも
通じる気がする。根底に、どこか「滑稽さ」という強さがある。

とにかく、その当時、この『電車画府』にとても励まされたと思う。
その後サイン会でご本人にお目にかかれて、
「この赤はとてもきれいなのですが、何の絵具ですか?」と聞いた。
すると井上さんはふと目を上げてこちらを見て、
「フランスのルフランという絵具。手に入りにくいかもしれないけど。」
と答えてくれた。私はほぼ独学で絵を描いていたので、
「かっこいい絵を描く人」に知らない絵具を教えてもらったことがとても嬉しかった。

ある時期から長いこと、この画集を見ることはなかった。
この本を机の上に開いて力をもらいながら絵を描くこともなくなった。

やりたいことが少しずつできるようになって、
細々とではあるけど、今は目の前のことを少しでも良くするように、
焦らず地道にこつこつと仕事をすることができる。

でも、あの頃の自分はこの絵をとても必要としていたし、
b0352427_11432263.jpg絵にはそういう力があるということを、
『電車画府』の原画も飾られた今回の展覧会を観て、
遠いできごとのように思い出した。
かわいい「くまの子ウーフ」(神沢利子・作/井上洋介・絵)のバッジを買って帰った。

「本というものは、まわりまわって届くべきところに届くものだ」
(うろ覚え。だいたいそんなこと。)と
『水妖記』の作者フーケーが言ったそうですが、
本当にそういう気がします。

「井上洋介没後1周年大誕生会」(アートコンプレックスセンター)3月12日まで。



[PR]
by yoinezumi | 2017-03-11 11:50 | 絵本 | Comments(0)

日本一のへひりにん

b0352427_13455256.jpgいつものことながらひと月遅れですが、
先月語ったおはなしは高知県幡多地方の昔話『日本一のへひりにん』です。

高知県と書きましたが、日本各地に似たものが伝わっていて、
朝鮮、中国にも類話があるそうです。

室町時代にはすでに成立していたという古いお話で、
私も昨年京都に行った時に偶然、
京都国立博物館でこの話の絵巻が展示されているのを見ました。

題名からして可笑しいのですが、下ネタの笑い話です。
(声に出してこの題を言うと、ちょっと楽しい気分になります。)

じいさまが、勝手に木を伐採してはいけないのにたきぎとりに行き、
番人に見つかり咎められたところを、
自分は日本一のへひりにんだ!と言って屁の妙技を見せて許してもらい、
それを欲張りなじいさまが真似をして失敗するというお話です。

あらすじはとてもシンプルですが、
言葉遣いがとても面白く、つい口に出して言いたくなります。

これまでいくつかの素話をしてきましたが、昔話は言葉の使い方が絶妙で、
ちょっとした短いくだりがさし挟まれているおかげで物語に共感できたり、
登場人物の人となりがわかったり、説得力が増している気がします。
筋を追うだけではない、物語る言葉としての作用が強いと感じます。

6年生のクラスは私の淡い期待をよそに笑い声はおきませんでしたが
(6年生にもなると反応がクールになるそうですけれど)、
欲張りなじいさまが粗相をした「びちびち」に「ゲ○だ、○リ!」と言ったり、
最後、売り物に「びちびち」をかけられた砂糖売りのばあさまが
「欲張りなじいさまの尻をそいでしまいましたと。」
と終えると「ひでえ!」という声が聞こえたりと、それなりに受け止めてはくれたようです。

年頃にもよるでしょうが、「笑い」を起こすのは難しいなあ、と改めて感じました。

底本は『ちゃあちゃんのむかしばなし』(中脇初枝・再話、福音館書店)です。


b0352427_13504722.jpg今回は冬ということで、
自分が絵を担当した『ゆきドラゴン』(加藤志異・作、学研おはなしプーカ2016年2月号)も読み聞かせました。
絵の世界も、これはこれで言外の様々な感覚を込めることができるし、読み取れると思います。

ただ図示するのではなく、画面の向こうに本当にその世界があるように、
手触りや匂いまでも描いていきたいと思っています。
[PR]
by yoinezumi | 2017-01-15 14:06 | おはなし

絵本の読み聞かせ

b0352427_10584413.jpg今年からはじめたおはなし語りですが、
9月、10月は、自分が絵を担当した絵本『月宮殿のおつかい』を読みました。

小学校でおはなししているのですが、
もともとは、絵本の仕事とは別に、
昔話をそらで語りたくて始めたので、
読み聞かせをする予定はありませんでした。

けれども、長年読み聞かせをしている方から、
「こういう仕事(絵本画家)もあるんだ、と子どもたちが知ることができる」
というアドバイスをいただき、
なるほど、自分の本を読むことには、
そういう側面もあるのか、と思ったのです。

おはなしそのものだけでなく、
子どもたちが受け取ることは色々なんだな、
と目からウロコの一言でした。

もちろん、自分の絵本を子どもたちが知ってくれること自体、
とても嬉しいのは言うまでもありません。
これまで読まずにいたのは、
単に私が絵とは別なこと(素話)もやりたかったからです。

やってみて思ったのは、
絵本の持ち方は意外に気を使うこと。

みんなに見えるように、
しかも自分も読めるような位置に固定しなければいけない。
けっこう腕も疲れます(笑)。
顔が絵本の方を向きすぎると、声が前に届かないかな?
とか、毎回、色々気になります。

読み聞かせは、暗記しなくても大丈夫なのでその点はらくですが、
これはこれで、何かとコツがありそうです。

『月宮殿のおつかい』は十五夜のおはなしなので、
この季節にいいかと思いました。
季節感も大事です。
日本や中国などに伝わる「月宮殿」の言い伝えについて少しだけ説明してから読みました。

読み終わった後、
子どもたちが「うさぎって(昔話などでは)賢いんだよ」なんて
お友達と話しているのを聞いたりすると、
よしよし、それぞれに何かしら受け取ってくれたかな、と嬉しくなります。


[PR]
by yoinezumi | 2016-10-28 11:16 | おはなし